よりそう会・ピ~プル館山。立上げのお話。

2015年9月 精神疾患をもつ私(双極性障害)と、その家族が手探りで立ち上げた自助会です。

ずっと地域で自助会を探していましたが、当時地域には精神疾患の自助会は全くありませんでした。

ないなら、自分たちで創ろう、と、試行錯誤しながら創った会です。

主治医や臨床心理士さんに支えて頂き、また東京のいくつかの自助会に初めて参加をし、

何か月間か通い続けました。

そこでの自助会の主催者の方々や、そこに来ていた同じ精神疾患をもつ方々からの励ましで、

応援して頂いたり、とにかくいろんな方々に支えられながら始めた会です。


この疾患になったばかりの頃は、育児などで必要に迫られていたこともあり、

この病のことを周囲にオープンにしていました。

しかし、周囲の反応は、偏見など、この病のことを知らないが故の反応が圧倒的に多く、

疎外感を深く感じ、私は、次第に病をもっていることを、周りに隠すようになりました。


同じ立場で話す仲間は全くいなく、毎日がとても辛く苦しいものでした。

夫・子供・私、それぞれが孤独でした。

地域からも段々と孤立していきました。


そんな状況をどうにかしたい、まずは私たち自身がこの自助会というものを、必要としていました。

同じような思いをしている人、独りで苦しんでいる人と話をしたい。苦しんでいる家族と話がしたい。


私たちの声が、今もひとり苦しむ人に、家族に、届くようにとの思いで続けています。


苦しみを独りで抱え込まず、仲間と話をすることで、病はなくならなくとも、

気持ちが段々と楽になっていきます。


仲間の存在は計り知れません。


みんなが、安心して、自分らしくいられる居場所づくりを、大切に、

これからも、仲間と一緒に続けていきます。


どうぞよろしくお願いします。